一粒万倍 種まき大作戦
お問い合せホーム

びーチャレお花見ハイキング 2010/4/4

 気温が上がらず農作物の被害が広がった今年の春。春の風に誘われて花を開いた桜たちも、あまりの寒さに身震いしていたに違いない。小川町にはカタクリの群落と桜が多いという噂を聞いて、びーチャレはお花見ハイキングツアーを開催した。

普段はバスで行ってしまうところを清流沿いの名所をまわりながら歩き、畑近くの桜の下で地ビール片手に持ち寄りお花見会。うーん、これはたまらない。





今回の地ビールだけでなく、ビール酵母でつくったパンも登場。

馬場さん、美味しかったデス!

 そんなに遊んでばかりでいいの? なんてお思いの方もいるかもしれないけれど、雑草もほとんど生えない冬に大きくなる麦の場合、手がかかるのは種撒きと収穫。麦踏みが終わると、しばらく農作業がいらないのだ。親はなくとも子は育つ……とは言っても、たまには元気な顔が見たい。そんなわけで持ち上がったお花見会なのだった。

 畑では麦の軸も立ち、株も大きくなってスクスクと育っている様子。大人の膝くらいの高さまで生長した。

麦の穂も出てきた様子。

畑の管理をしてくれている河村さんに収穫時期を聞くと、

「5月末〜6月頭。麦は湿気を嫌うので雨が降ったら収穫できないけど、実るとすぐに実が落ちてしまうから、何日も延期できないんですよ」
鳥たちも大好きな麦を狙ってやってくるというから、そうそうのんびりもしていられない。かくして麦刈りは5月28日に決定した。

麦との再会の後は、河村さんの田んぼの畦に彼岸花を定植。

「道楽です」
という河村さんの言葉に爆笑しつつ、作業にいそしむ面々。

虫が苦手な友達に

ミミズを見せようと張り切る女性なんかもいたりして、

それぞれに作業を楽しんだ様子。そして河村さんの畑に移動して、ねぎとレタスの定植体験。古民家を借りている河村さんのお宅には、なんと太陽光パネルも。

できるだけ石油を使わないのが河村さんのポリシーなのだ。畑に移動すると、

藁でマンチングがされていた。こうすると草も生えにくく、堆肥にもなって効果増大。こうしてふかふかの土ができていくのだ。そんな有機の畑でまずはねぎを定植。

続いてレタスの定植中には、

飛び交う花粉の中、止まらない鼻水に泣かされた人もいたようで……。

前回(私は行けなかったけど)つくった踏み込み温床も、育苗室としてしっかり機能している模様。びーチャレの農作業も少しは役に立っているようでよかったよかった。

河村さん、いつもありがとう!!次回の収穫もどうぞよろしく!

今後の予定

5月28日 麦収穫(雨天の場合は6月6日)
7月 フジロック出店(自給率30%)
9月 醸造
10月17日(日) 土と平和の祭典出店(自給率99%)
このページの一番上へ