一粒万倍 種まき大作戦
お問い合せホーム

種まきライブ – 土と平和の祭典2008

種まきライブ

11:00
~ 16:00

特設ソーラーパワートラックステージ

【協力】キシムラインダストリー http://www.kishimura.com/
今年も豪華ミュージシャンが勢揃い!フォーク、ソウル、ファンク、ロック…世界の多様性に呼応して、いのちのリズムが、メロディが大地から溢れ出る、公園に木霊(こだま)する。ニッポンの老若男女が入り乱れて歌い踊る、収穫を祝う音楽祭。楽しもう。分かち合おう。感謝しよう。入場無料の素晴らしさ!それは地球と同じ。

出演ミュージシャン 出演時間

プンムルペ
ウリト
11:00頃
1992年に結成。「農者天下大本」と記された農旗(ノンギ=のぼり)を先頭に、クェンガリ・チン(鉦)、チャンゴ・プク(太鼓)を叩き、踊り手を加え、豊作などを願って村々を練り歩く。韓国・朝鮮半島で古くから行われてきた祭を、プンムル(風物)といいます。韓国全羅道の筆峰(ピルポン)ピンムルを愛好する者達、日本人と在日韓国・朝鮮人、留学生が共に楽しんでいます。興に乗ったら、一緒に踊ってください。

うづ芽&根っこバンド
11:20頃
昨年、種まき大作戦を期に、唄いだしたうづ芽が
「土と平和の祭典」で出逢った仲間と、この日限りの根っこバンドを結成。インド、アフリカの楽器と共に、種まき大作戦の主題歌「一流千流
一粒万倍 2008」をお贈りします。

Rickie-G
11:50頃
10代からカフェやストリートで弾き語りをはじめ、オーガニックソウルのような暖かいサウンドとレゲエの中に入る巧みなコーラスワーク、そして伸び伸びとした温かい歌声で話題となる。現在、レゲエシーンのみならず幅広い音楽ファンから注目を浴びている。

http://www.rickie-g.com/index.php

サヨコ+
Oto
(from サヨコオトナラ)
12:30頃
パワフルで透明な歌声で、躍動するイノチの世界を歌う、サヨコ(うた)、カリスマファンクバンド「じゃがたら」で人々を踊らせてきた、地球音楽探検家、Oto(ギター)、アフリカ、レゲエ、奄美島唄など、ジャンルを超えてうねりをつくりだす、ジンベたたきの奈良大介(アフリカンタイコ)この3人が母体となって生まれたのが、その名もずばり、サヨコオトナラ。日本各地奥地の、自然とともにある暮らし、美味しいご飯、楽しい祭りの場などに集まる人々とつながりながら、音楽の旅をつづけるグループ。2005年6月に1stCD『ワと鳴り』をリリース。サステイナブルなメッセージを発信中。今回は奈良大介が出演できず、「サヨコ+Oto」での出演になります。ゲストでやっほ~バンドの河内洋祐(ベース・ギター)さんとLittleTempoの土生"TICO"剛(スティール・パン
)さんが参加します。どうぞお楽しみに。

http://www.watonari.net/sayokootonara/


FUNKIST 14:00頃
2001年に結成。ボーカル、ギター、ベース、ドラム、パーカッション、フルートからなる7人組。日本を中心に南アフリカ、アジアを含む年間100本を超えるライブで世界中を所狭しと駆け回っているライブバンド。ボーカル染谷の故郷でもある南アフリカ仕組みのビートフルな音楽に染み入るリリック&メロディーが混ざり合いジャンルの壁を超えたFUNKISTスタイルを生み出した。日常の些細な物語から世界中の様々な問題までを等身大の自分達で叫び続けるその暖かな音楽は「笑顔あり」「涙あり」聴く人の心をつかんで離さない。そんな彼らのリアルライブは人と人を繋げ、老若男女問わない、あらゆる国境も超えることのできる程の熱い想い、地球規模の大切なメッセージを伝えてきた。2007年02月に発売した「白い世界」ではTOWER
RECORDS渋谷店J-INDIESチャート2週間連続1位やオリコンインディーズチャート14位を獲得しております。

http://funkist.info/index.php

加藤登紀子
14:30頃
1965年東大在学中に日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」、「百万本のバラ」「知床旅情」など数多くのヒット曲を世に送り出した。歌手活動は国内のみならず海外でも意欲的で、カーネギーホールで2度のコンサートを成功させ、‘92年にはパリのラ・シガール劇場でのコンサートが認められ、フランス政府より文化勲章「シュバリエ」が贈られた。FUJI
ROCK FESTIVALや、ap bank fesユ07に出演し、世代、ジャンルを超えた活動が話題になっている。本年は心に残る日本のヒットソングを綴ったカヴァーアルバム「SONGSうたが街に流れていた」をテーマにコンサートツアーを行っている。また、10月29日には加藤登紀子の人生の軌跡を綴った2枚組みアルバム「ほろ酔い物語1968-2008」をリリースする。

2000年にUNEP(国連環境計画)親善大使に就任以来、アジア、オセアニア各地を訪問、地球環境の現状を広く伝えるほか音楽を通じた交流を重ねている。

また、千葉県鴨川市の農園「鴨川自然王国」を拠点として、循環型社会の実現に向けて活動を続けている。

近著「土にいのちの花咲かそ」(サンマーク出版)



http://www.tokiko.com/

Yae 15:00頃
東京都生まれ。1995年、舞台で歌手役を演じたのをきっかけに歌手を志し、99年に居酒屋などで唄い始める。2001年、アルバム「new
Aeon 」でデビュー。NHK「みんなのうた」で放送された「名もなき君へ」など、ハイトーンの澄んだ歌声と独自の詞の世界で観客を魅了している。現在は2児の母となり、千葉県鴨川市で「半農半歌手」の暮らしを楽しみながら、ラジオのパーソナリティー(FM福岡・ラジオ関西)やテレビ出演(NHK産地発!たべもの一直線など)を務めながらライブ中心に活躍中。そして農山村を巡る「種まきライブツアー」
を全国で展開。 種まき大作戦実行委員長。

http://www.yaenet.com

朝崎郁恵 15:30頃
1935年、奄美大島加計呂麻島(カケロマ)生まれ。奄美諸島で古くから歌い継がれてきたシマウタの第一人者。幼少の頃よりシマで活躍する。2002年67歳にして、アルバム「うたばうたゆん」メジャーデビュー。’04年、NHK「みんなのうた」で唄った「ありがとサンキュー」などが話題に。最も古典的で継承者が少ないシマウタの歌唱法「グイン」を駆使した心の奥底に語りかけ魂をゆさぶる唄声は、世代を問わず多くの人に感動を与えている。

http://www.asazakiikue.com/
このページの一番上へ