一粒万倍 種まき大作戦
お問い合せホーム

棚田チャレンジvol.8 餅米稲刈り&俵づくり 090905−06 

あっという間に8月が過ぎ、いつの間にかもう9月。
いよいよ収穫の季節がやってきた。大山千枚田の稲刈りも、大勢の人で賑わっている。
DSC_1744

餅つきして遊びたい! 

そんな欲望から、今年の棚チャレは餅米にもチャレンジ。3枚の棚田の一番上の半分に、餅米を植えていたのだった。餅米はうるちよりも早く収穫できるので、他の二枚に2週間程先行して、収穫することになった。

この日は、見渡す限りの快晴で、文句なしの稲刈り日和。鴨川自然王国の会員さん達も来て稲刈りをするとのこと。そこで棚チャレと合同の稲刈りレクチャーを開催。講師は、自然王国代表理事の石田三示さん。

DSC_1770

DSC_1794

実は石田さん、先日の総選挙で民主党から声がかかり、投票2週間前に比例区から出馬することになり、見事当選。16日から国会議員として国政に当たることになった。おめでとう!の祝福の声に少し照れくさそうにしながら、王国理事として最後の稲刈りレクチャー。藤本さんとの出会いから、地元の活性化や都市農村交流、農的暮らしの情報発信など、鴨川をよくしたいという思いで活動を続けてきた石田さん。国会でも、農村の現状を伝える活動を展開してくれることだろう。

そして、彼と一緒にいなくなる人がもう一人。王国スタッフ・我らが宮田さんが、秘書として東京に行くことになったのだ。地殻変動がやってきた自然王国。しかし、これはきっとよい変化が生まれるに違いない。

DSC_1764

ではここで、稲刈りの手順を。

1) まず、縄ない。藁の先端、30センチ程を、ゆるく編んでいく。これは稲束を縛りやすくするため。できた縄は腰につけておくと便利。

DSC_1815

DSC_1831

2) 鎌を持つ手には軍手をはめない。軍手をはめていると鎌がすべって飛んでいってしまうので要注意。

3) 鎌の先でイネをまとめ、反対の手で掴む。こうすると、蛇やマムシの旧攻撃を避けることができる。

4) 稲を鎌で刈る。この時、鎌を斜めに引き上げるようにして刈るとスムーズ。

DSC_1834

5) 縄をおいた上に、稲束を重ねていく。根元から15センチくらいのところを縛るので、そのあたりが縄の上で交差するように重ねていく。3掴みくらいを一束にし、次に90度に交わるように次の束を重ねていく。これを2回繰り返す。

6) 縄の端をあわせて縛り上げる。最後にぐっと紐がまわるくらいに木つく縛り上げ、縛り目の下に指を入れ、短い方(穂先ではなく株の下の方)からよじった稲紐を押し込む。はざ掛けした時に上になる方から押し込むことで、束がほどけにくくなる。

DSC_1840

7) 田んぼに立てたはざにかけて天日干し。約2週間程で乾燥する。

さて、準備も終わり、いよいよ棚田へ移動して、本番開始。

DSC_1868

DSC_1886
DSC_1885
DSC_1891
DSC_1894
DSC_1933

昨年につづいて2度目になる人達は慣れた手つきでサクサク。初めての人達も、快調なリズムで作業を進めていく。この日は、『chou chou』という雑誌の取材もあり。編集部の人達も一緒に稲刈り。作業は順調に進み、予定通りの4時に棚田を後にした。

DSC_1947

今回は王国が一杯で泊まれないため、鴨川在住の「種まき大作戦」世話人、田中正治さんのお宅に宿泊。田中さんはパートナーの阿部さんと一緒に、新潟県で「さわのはな」をつくる農家を応援する「新庄水田トラスト」の事務局をやっている。おいしいさわのはなを頂きながら、話題は農業から、政治、経済、環境と、あらゆる分野に展開していった。

DSC_1966

そんな中、私と主催者ハッタさんの間で、新しい構想が生まれていた。

「来年は村チャレをやろう!」

わたしにはひとつの大きな夢があった。

それは、エコヴィレッジをつくること。
里山の恵みを活かした持続可能な暮らしと村をつくりたい。
その夢を実現に向ける、変換が生まれ始めていた。
そこに、棚田チャレンジも加わって、一緒にやってみない? 開墾して、田んぼつくって畑つくって、家も建てちゃえ。
そんな突拍子もない突然の誘いに、チャレンジャー達の反応は、

「いいねえ。やりたい!」

と大はしゃぎ。これがまた、棚チャレっぽくて笑ってしまう。

本当に不思議なのだけど、棚チャレの中で生まれる提案に、参加者の彼らはほとんど反対したことがない。それどころか、大賛成。今すぐやろう! というように勢いづくことしばしば。仕事は普通のOLだったり、会社や施設で働いている人達なのに、こちらの、時にはぶっ飛んだ発想にも軽く乗ってくる頭の柔らかさには、いつも楽しませられている。

こうしてまた、新しい企画が生まれたのだった。

俵編みにチャレンジ!

そして翌日、その村チャレの舞台になる予定の、釜沼集落で、再び長老とわらアートに挑むチャレンジャー達。

俵編みの手順は

1)藁に水をかけてたたたき、柔らかくしておく(今回は木槌で打つ。全回のように機械を使ってもよい)。

DSC_2006

2)藁を2本ずつ2組取り、途中で藁を継ぎ足しながら3メートルくらいの長い稲縄を編4本編んでいく。端をつつろ(15センチくらいの木製の円柱)に巻き付け、俵を編む台にかける。

DSC_2026

3)穂先と根元を交互にして両端の太さを合わせて稲藁をとり、4本の縄で編み上げていく。この時、表にきている面がきれいに仕上がるように、整えながら編んでいく。縄がなくなるまで編んだら、端を留める。

DSC_2019

4)サンダワラと呼ばれる、俵の蓋の部分をつくる。真ん中を縛った藁の束を半分ずつ開き、円形に整えたら、円周を編み込んでいく。

DSC_1972
DSC_1981

5)俵本体の両端をあわせて筒状にし、縄でざっくりと全体を編む。

DSC_2051

筒の片方にサンダワラを取り付けて蓋をする。中に米を入れ(今回は新米が間に合わず籾殻。米の場合は、本体を二重にする)、反対側にもサンダワラをつけ蓋をする。

DSC_2063

6)さらに、稲縄で上から縛る。これで強度が強くなると同時に、中身がこぼれにくくなる。

DSC_2082

こうして書いてしまうと、簡単そうなのだが、これが結構根気がいる。

俵は5時間程かけて二つが完成! やったー、と歓声が上がる頃には、既に周囲は夕方の日差しに変わっていた。
DSC_2091

次回はいよいよ、うるち米の稲刈り! 今年のできはどうだろう? 気になる人は是非棚田へ!

                         text & photo by kco_sawada

このページの一番上へ