一粒万倍 種まき大作戦
お問い合せホーム

土と平和の祭典2009 トークステージ

メインの種まきビッグステージとは別に、農家さんや半農半X実践者、平和へのアクションを起している人達が集う2つのトークステージが登場。世代を超えた農家が集まった「土」と暮らしの根源について考える「平和」。2つの小さなステージで、熱いトークが展開されました。

=土 earth=

●列島横断農家トーク

1PICT3017

日本全国から集まった、8組の就農者が登壇。農業をはじめたきっかけ、実際やってみて苦労したところ、これから直面している問題をどう取り組んでいこうかなど、それぞれの想いを語ってくれました。特に印象に残ったのは「長崎有機農業研究会」の溝田さん。「育てたものをいかにして売るかではなくて、食糧危機に際して、売れるものを考えていく時代」「自分を信じて、親を乗り越えるだけの覚悟、否定されてでも挑戦する新しい取り組みをしていきたい」など、力強い内容で、まじめで真摯なメッセージが印象的でした。就農したきっかけはみなさん様々でした、現状を知っての訴えが大きいように感じました。私のような都心に暮らす者も、自分たち若い世代が都会にいながらできることは何だろう、と考えさせられました。とても有意義な時間でした。

text by moemoe
photo by カズキ

●有機新規就農トーク

1PICT3145
トークステージ・土の2番目のテーマは「新規就農」。首都圏と、遠く長崎から集まった5人の新規就農者が、それぞれ農業を始めたきっかけから、苦労した事、嬉しかった事等について語りました。まず就農しようと思った時、大事な準備が農地探し。これに苦労する人は多いらしく、「なんくる農園」の松本さんは、農地探しに1年弱かかったと話していました。一方で、難なく農地を見つける事ができたと話した「おかもファーム」の岡本さん。これはかなり稀な事例で、首都圏で1から農業を始めるには農地確保の問題があることがわかりました。そんな苦労や、有機農業ならではの苦労など、大変な事がそれぞれあっても、「食べる人・作る人の幸せを想って農業をしている」という事はみんな共通していて、やりがいや喜びを感じながら農業をしていると話す5人の姿が、とても輝いて見えました。最後に「大石農園」の大石さんが語った「どんな農業が自分にとって幸せかを考えながらやっていけば、いつか自分に向いた農業ができる。人と比較しないで自由に楽しんでほしい」というアドバイスは、一見誰にでも当てはまる事だけれど、これから農業をやりたいと思っている人達にとって心強いエールのように感じました。
text by ルミオ
photo by カズキ

●有機農業パネルトーク

1PICT3235
トークステージ・土のトリを飾ったのは、生産・流通・消費のカテゴリーから集まった、日本の有機農業界のリーダー的存在の方々。有機農業推進法の成立に尽力した参議院議員のツルネンマルテイさん、有機農業推進の第一人者・金子美登さん、有機農業という言葉が使われる前から実践されていた木次乳業有限会社相談役の佐藤忠吉さんなどなど。司会の野田克己さん(大地を守る会専務理事)が「記念撮影をしたいくらいスゴイ面子」と言うほど豪華な顔ぶれが揃いました。みなさん各自の持ち時間をオーバーするほど熱く語られ、日本の農業への想いがひしひしと伝わってきました。生産者、流通業、消費者の立場から見た有機農業の現状を聞いて、消費者である自分に強く響いたのが「野菜を食べる側ももっと食育等について勉強しないと有機農業は広まらない」ということ。消費者側に限らず、全体的にまだうまく仕組みができていないのが日本の抱える問題なのだそう。私も一人の消費者として、もっと日本の食について理解を深めていこうと思いました。
text by ルミオ
photo by カズキ

=平和 pearth=

●暮らしの種まきトーク

DSCF1499
最初のステージは、吉本多香美さんMCのもと、非電化工房の藤村靖幸さん、映画「六ヶ所村ラプソディー」の鎌仲ひとみ監督、マクロビオティック研究家の中島デコさんが登場して、エコとエネルギー、そして平和についてのディスカッション。私が着いた時には、既に満員御礼。たくさんの人が真剣に彼女たちのトークに耳を傾けていました。おお!さすが、土と平和の祭典!

エコ、省エネ、LOHASとマスコミで騒ぎ立てられ、踊らされているようにしか見えない消費者。エコ商品だって、省エネ家電だって、企業が商品を売る、消費者に買わせるためのマーケティング施策であることに変わりはない。常に快適で便利な生活を確保するために、どれだけの原発が動かなくてはならないのか? 少し手間をかける。少し不便さをガマンするだけで、どれだけの電力が節約できるのだろうか?

本当のエコ、環境対策とは、決して、新しい商品を買うことでも、より快適に生活することでもない。私たちが日頃の生活にひと手間もふた手間もかけ、少しだけ、不便さをガマンすることから始めること。それが、本当の人間のあるべき姿なんじゃないかな。

藤村先生のお話を聞いて、私も自分自身のエコに対して、考え直すきっかけを頂きました。

photo&text by 有紀

●半農半Xの種をまく!

平和ステージでの次のトークは、半農半Xについて。トージバの渡辺さんとスローウォーターカフェの藤岡亜美さんがお話してました。着いた時にはすごい人だかり!さすが、農業に関心ある人たちの集まり。若い人達の間では、農ブームは広がっているんですね。

最後は、素敵な藪さんの尺八の演奏会。ざわめいていた会場も、尺八の澄んだ音で、一斉に静まり返ります。この、神々しい雰囲気を作り出せる尺八の魅力にはまりそうです。神様からの音色って、こんな響きがするんだろうな~と、改めて日本の文化を感じたひとときでした。

photo&text by 有紀

●土から平和へ

DSC_4198
これは私が一番楽しみにしていたトークショー。前半50分は鴨川・あわマネーの林良樹さん、女優の益戸育江さん、寺田本家の蔵人・なかじさん、さんぶ野菜ネットワークの方。印象的だった言葉はこのふたつ!「まずは靴を脱ぎ、全て手放し、足から自然を感じてみよう」「お米を食べることによって、結果平和にもなる」。

後半は引き続き益戸さん、フォトジャーナリストのエバレット・ブラウンさん、有機農家のみやもと山・斉藤さんが登場。「一人ひとりが地球を作り出すアーティストである、自分の物語を生涯通じて描くこと。愛ある物語の中に自分が生きている」という言葉に、観客の拍手がやみませんでした。最後には、みやもと山・斉藤さんから特別なプレゼントが! それは『幸せをよぶ玄米餅』。みやもと山自慢のおいしい玄米餅のプレゼントです。これは幸せになれそうですね。

観客のみなさんも笑顔でいっぱい。これは、スピーカーの方々がみなさんに愛のバトンを贈り届けてくれたからなんでしょうね。大満足でした!
text by moemoe
photo by kco

土と平和の祭典2009 レポート ファーマーズマーケット噴水前広場

噴水前広場には、オーガニックの野菜を宅配で届けるおなじみの会社と、アファス認証センター、農家のこせがれネットワークなどで活躍する、元気な農家さん達が集まりました。お昼頃には人でいっぱい。大盛況の買い物ロードをご紹介しましょう。

●百笑米 大嶋農場【アファス認証センター】

IMG_002

「社長の焼きもち」。ちょっぴり意味深なネーミングと、おもちの焼けるいい香りに惹かれ、「大嶋農場」さんのブースへやってきました。美味しいお米を作るため、これまで必要な事や良いと思われる事は積極的に取り入れてきたと話してくれたのは、トングを持ってもダンディな大嶋康司社長。様々なこだわりの中でも特徴的なのが、沖縄の雪塩と国産ハチミツを田んぼにまく事!ミネラルたっぷりの雪塩と、ハチミツを稲に与える事で、旨味がぐーんとアップするのだそう。そうして出来たお米は「百笑米」と名付けられ、食べる人たちを笑顔にしています。「いろんな意味が込められてるんだよ」とニヤリと笑った大嶋社長の焼きもちは、名前とは裏腹に、ほっこりやさしい味がしました。

百笑米 大嶋農場 http://www.hyakusyoumai.com/
text&photo by ルミオ

●(株)中山商店【アファス認証センター】

IMG_009

ブースの前で冷たいお茶の試飲を配っていた「中山商店」さん。静岡県御前崎市で、江戸時代から創業している老舗のお茶屋さんです。喉が乾いていたところに、翡翠色にきらめくお茶が目に飛び込んできたので、思わず「お茶ください…!」と試飲のカップを頂いてしまいました。この日配っていたのは、粉末玄米茶。化学肥料や農薬を使わず育てたお茶に合鴨農法で作られた玄米をブレンドした「愛がも農法玄米茶」を、そのまま微粉末にした、お店イチオシのお茶です。粉末にする事で、茶葉も玄米も全部水に溶けてしまうので、栄養分を無駄無く全部頂け、茶殻も出ない。その上、玄米の香ばしさもしっかり味わえるので、一石三鳥のお茶なのです。オフィスの他、アウトドアで飲むのに便利だなと思い、1袋購入しました。お茶を使ったスイーツもとても気になったのですが、ネットショップでも取り扱っているそうなので、今度買ってみたいと思います。

(株)中山商店 http://www.nakayamashouten.jp/
photo&text by ルミオ

●酒田米菓【アファス認証センター】

DSCF1408

久しぶりに、とっても美味しいお煎餅に出会いました。それは、ゆうきせんべい「ゆうきをこめて」。

「はるばる、土と平和の祭典のためにやってきました~」と笑顔で語る店員さんに、庄内平野でとれるとても美味しい有機米で作ったお煎餅だから、まずいわけはない!と自信を持って薦めてもらいました。その言葉通り、しょうゆ味、塩味、玄米煎餅、色々な味があり、どれも本当に美味しかった。今までのお煎餅の概念を覆されました。
皆さんにも、ぜひともお勧めしたい一品です♪
酒田米菓 
http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakatabk/yu01.html

photo&text by 有紀

●さんぶ野菜ネットワーク【大地を守る会】

DSC_4250

午前中の試飲から、大人気の人参ミックスジュース。甘〜い人参をベースに、リンゴ、レモン、柚子、梅をミックスしてつくったジュースは、濃厚なのにさわやかな味わい。すーっと飲めて、思わずおかわりしたくなるようなやさしい味わいでした。でもまだまだ始まったばかり、もうちょっと見てから……なんて思いながら会場を回っていた私。日差しが傾いた頃にもう一度戻ってくると、そのお店では、小さな女の子が声を張り上げているではないですか。

「人参ジュースいかがですか〜? あと一本です!」
店の前には、テーブルから1−2メートル離れたところに人の輪が。みんな、買いたいような買いたくないような顔をしながら、じっとお店を見つめています。ジュースは1リットル600円。そして、財布をブースにおいてきた私のポケットには、500円玉が一枚。蛇とカエルのにらみ合いのようになってきた店先では、なかなか買おうとする人が出ない状態。
うーん、今ならいけるかも。そう思って、ポケットから500円玉を取り出し、これしかないんだけど、とおそるおそる聞いてみました。すると、
「ありがとうございます!!」
と、即答でOKのお返事。明るい声と一緒に、店の中と外から、一斉に拍手がわきおこりました。いやあ、こんなの初めてですね。値切っておきながら、こんなに歓迎されるなんて!
かくして私は念願の一本を手に入れ、重いバッグを背負って家へ。働いた後の人参ジュース、試飲のときよりもさらに輪をかけて美味しかったです。
甘いジュースしか飲まないお子さんにも、これはお勧めですよ!
さんぶ野菜ネットワーク http://www.sanbu-yasai-net.or.tv/

●【pal★system パルシステム】

DSC_3637

かわいい牛のキャラクターでおなじみのパルシステム。そののぼりの脇には、ヨーグルトの試食を勧めるかわいいお姉さん達と、椅子に座りながら、熱心に話しに聞き入るお客さん達の姿が! 全国に安心して食べられる食品を届ける生協のひとつ、パルシステムでは、来場してくれたお客さんにもっとパルシステムのことを知ってもらおうと、カタログを見ながら熱心に説明をしていました。その熱い姿に、お客さんもどんどん引き入れられていく様子。みなさん、スタッフやカタログをじっと見ながら、そしてうんうんとうなずきながら、じっくり話を聞いていました。

そして、今回のパルシステムの一押しは、愛媛のみかん農家・無茶々園さん。小粒のみかんは甘くて酸っぱ井沢やかな味わいで、どことなく懐かしい感じ。最初は山のように摘まれていた段ボール箱が、変える頃にはほとんでなくなっていました。こうやって実際に企業の人と会う機会があると、企業と農家が一緒になって頑張っているのがわかりますね。
生協と聞くと、どこか土臭いイメージがありますが、そんなのは既に昔のこと。ここのスタッフも若い人が多い! そして、会場全体に言えることですが、さわやかな印象の方が多いですね。農業は辛くて汚い、というのはもう古い。今や、都会の若い人達が興味を持つトレンドのひとつ。そんな空気を感じた一コマでした。
pal★systemhttp://www.pal-system.co.jp/
text & photo by kco

【らでぃっしゅぼーや】

DSC_3754

「クイズやってますよ。いかがですか?」

そんな声にふと足を止めると、そこにはにこやかな眼鏡のお兄さん。らでぃっしゅぼーやのスタッフさんでした。
「珍しい野菜の品種あてクイズをやっています。スタッフがヒントを出しますから、難しくないですよ。やってみませんか?」
見ると、お兄さんの持つプレートにはこんな言葉が書かれています。
「いと愛ずらし」
「愛ずらし」と書いて「めずらし」と読むそうで、店頭には、普通の何倍もある大きなキャベツ、長—いインゲンのような野菜、ひょうたん型のカボチャなど、店頭ではお目にかかれない野菜の写真が5枚貼られていました。そして、スタッフのお姉さんがやってきて、記入用紙を出しながら説明。20程書かれた野菜の名前の中から、正解を選ぶスタイルです。お姉さんは少しずつヒントを出しながら、説明をしてくれ、ついに最後にはこんなことをいってくれました。
「おめでとうございます。全問正解ですね! お店の中から好きな野菜をひとつ選んでください!」
なんと、野菜のプレゼント付き。そして、宅配無料サービスの用紙にも記入させてもらいました。こういった大盤振る舞いも土と平和の祭典ならでは。しっかりサービスを受けた後には、私たちも有機農産物に携わる人達を応援していきましょう!
らでゅっしゅぼーや http://www.radishbo-ya.co.jp/
text & photo by kco

●【農家のこせがれネットワーク】

最近よく耳にするこの名前、とてもおもしろそうなネーミングですよね。この機会に是非いろいろ話したい!と思って、代表の宮路さんにお話を聞いてみました。
「農家のこせがれ」というのは、「地方にたくさんの土地や人や繋がりを持っていて、東京で暮らしている若者」のこと。「農家のこせがれネトワーク」は、恵まれた環境にある彼らに対して、もっと自信もって就農できるようにという思いから生まれた農業支援団体なのだそうです。ファーマーズマーケット、六本木農園、バスツアーなど多数の試みを実践しています。
そんなことを一気に話してくれた宮路さんは、とても熱い想いを持って行動的な方だなと思いました。このネットワークに関わっている人は、地元のよさを感じている人なんですね。しかし実際に多いのは『地方や実家のよさに気づかない人』。そんな人たちに、もっと宮路さんたちの想いを知ってもらって、ネットワークを活用してもらいたいと感じました。
どのお店も魅力的でしたが、特にお客様を魅了していたのは、「アップルりんご園」のりんごとジュース。お客さんでいつもいっぱいでした。
農家のこせがれネトワーク http://re-farm.jp/
photo&text by moemoe

土と平和の祭典2009レポート 種まき食堂&酒場

種まきレポーター達お勧め! 土と平和で出会った、おいしいオーガニックフードをご紹介! 出店者のみなさん、おいしいご飯、ありがとう!

●瑞雲のおからもち

DSCF1435

おからと片栗粉を混ぜて、ネギを入れて焼いたら、あら、不思議。もっちりしたお餅になっちゃいました。おからとお餅の素敵な出会いが生んだこの食べ物、その名も、おからもち!

お店の中では、奥様方が頑張ってお餅を焼き焼き、お店の外では、威勢の良いお兄ちゃんが「美味しいよ~。食べて~」とお客さんを呼ぶ。良いタッグを組んでますね。
このお店「瑞雲」さんには、おからもちの他にも、油揚げ、がんもどきなどなど、お豆製品が盛りだくさん。こんなおいしいお店があったんですね~。
「瑞雲」さん、お勧めです!
photo&text by 有紀

●みやもと山のおにぎり

DSCF1437

激戦の中、今日の私の昼食に選ばれたのは「みやもと山」さんのおにぎり。やっぱり、ここに落ち着くわけなんですよね。今日は珍しく野菜コロッケまである!

みやもと山さんのおにぎりは、とても大きくて、優しくて、自然の甘味としょっぱみが感じられる。そんな愛情たっぷりおにぎりの中から、梅干と雑穀をチョイス。
は~。今年の祭典に来られてよかった。
秋空の下、お結び片手に、つかの間の休憩。
おむすびを食べると、なぜか心が和みますね。日本人の魂が、そうさせるのかな~。
みやもと山 http://miyamotoya.exblog.jp/
photo&text by 有紀

●Peace Deli&cafe OHANAのカレー

DSC_3928
DSC_3955

数あるおいしいお店の中から一食を選ぶのは、ホントに骨が折れる。だけど、決めなきゃいけないときもあるのだ。そんな断腸の思いで昼食に選んだのが「Peace Deli」。ケータリングを中心に活躍している、マクロビオティックのお店で、ここのベジバーガーが食べたい! と思いながらかなかなゲットできずにいる。今日こそは、と思いつつも、たどり着いた頃には既に売り切れ。だけどまだカレーはあるということなので、カレーを食べることにした。

しかし、なのである。お店の中からは何やらお客さんに謝る声が。
「スミマセン、ご飯がなくなっちゃって……。あと5分くらいで炊きあがるんですけど、待っていただけますか?」
どうやら売れ行きがよいようで、玄米ご飯がなくなってしまったようだ。お客さん達は怒ることもなく、買うのをやめることもなく、静かに別の列を作ってひたすら待つ。その姿がなんだか微笑ましい。平和なご飯で嬉しいね。
そして待つこと5分(?)。炊きたての玄米と一緒に、野菜たっぷりのカレーが出てきた。トマト風味がきいた、少しスパイしーな味わい。やっぱりおいしい!
そして、レポーター・ルミオが買ってきた「cafe OHANA」のカレーと食べ比べ。こちらはココナッツたっぷりでまろやかな味わい。うーん、どちらもおいしい! 他にも「菜食兼美」「油揚げ」など、人気のお店がそろってカレーを出していた。どこの店も腕を振るってつくってきているので、友達何人かで買って食べ比べてみるのも楽しそう。来年は勝手にカレーランキングでもやってみようかな。
Peace Delihttp://peacedeli.com/
from earth cafe OHANAhttp://www.cafe-ohana.com/
text & photo by kco
このページの一番上へ