一粒万倍 種まき大作戦
お問い合せホーム

大豆の収穫祭@こうざき自然塾

大豆収穫祭
<ちょー楽しい!!これまでのレポートはコチラ
「はじめる自給!」をよびかけ、一粒万倍を願って
6/29(日)、雨の中で行われた『1000人の種まき大作戦』から半年。
ようやく大豆が収穫のときを迎えます!!
皆さんと共に収穫の喜びを分かち合いましょう!!
※収穫した大豆は2009年2月、味噌仕込み会で、めちゃうまい!!こだわりの味噌になります。
そろそろはじましょう、ただ消費するヒトからつくる人へ。
■日時 2007年12月7日(日) イベント 12:30-16:30
※荒天(大雨、強風、大雪)中止 (前日6日夜8:00にホームページで発表)
■場所 こうざき自然塾
※アクセス:現地へのアクセスは、出来る限り「電車」をご利用ください。以下の電車に乗ってください。
JR成田駅 11:41 発 → 下総神崎駅 12:01着
※駅から現地までは徒歩30分。天気が良ければ散歩がてら歩くものいいでしょう。駅から送迎バスも出ます。
■参加費(実費) 1000円
※高校生以下無料
■持ちもの・お願い
◎飲み物は持参してください。
◎もちろん、マイカップ、マイ箸、マイお椀なども持参。
◎服装は長袖、長ズボン、汚れてもいい服、靴、帽子。
◎軍手もあれば
※昼ご飯は各自で済ませてください
※収穫作業終了後に、餅つきや湯豆腐などおいしくて暖まるものをみんなで食べましょう(お酒は有料になります)

■募集人数 100人※予約不要。直接現地にお越し下さい。
<エコバス•プレミアムツアー>
自然酒でおなじみの寺田本家の酒蔵見学を盛り込んだエコバス•プレミアムツアーを用意しました。
天ぷら油のリサイクル燃料で走る『天ぷらバス』で東京〜神崎を往復します。参加される方はぜひ、ハッタまで連絡ください。
※酒蔵見学はバスツアー参加者のみとなります。ご了承ください。
■参加費:6000円(実費) ※往復のバス代+酒蔵見学+収穫祭参加がセット
10:30 『寺田本家』着 で時間まで酒蔵見学します。
■募集人数:40人限定
■お申し込み:
ハッタケンタロー andtwo@mac.com
かんざわのりお seed@tanemaki2007.jp
■主催 : 種まき大作戦実行委員会
■協力 :
・こうざきグリーンサービス
・こうざき自然塾
・寺田本家 
・トージバ
・リボーン<エコツーリズム・ネットワーク> 
・アースデイ東京2008実行委員会 

9.21(日) 草刈り精鋭隊・隊員募集! – 大豆レボリューション<こうざき自然塾>

草ぼうぼう ● 集合:9月21日(日) 品川港南口ロータリー8時集合

● 行き先:千葉県神崎町 こうざき自然塾の大豆畑

● アクセス:ワゴン車の乗り合いで行きます。7名先着

● 参加費:無料(ただし、交通費は実費で割り勘清算)

● 持ち物:昼食、農作業に相応しい服装、帽子、手ぬぐい、水筒、あればカマ、軍手

※電車でお越しの方は、JR成田線・鹿島神宮行「下総神崎駅」10:33着の電車で来てください。駅までクルマで迎えに行きます。

● お申し込み/問い合わせ:

andtwo@mac.com/090-3818-7324 種まき大作戦 ハッタ

1000人の種まき大作戦 レポート

天の恵み 地の恵み 命の息吹あふれる種まきの一日


1000人の種まき大作戦@こうざき自然塾


Text&Photo by kco_sawada 澤田佳子

今年もこの日がやってきた!

一流千流 一粒万倍

たとえ ひとつの しずくだとしても

やがて 千もの 流れをなす

今年もこの歌が神崎の町に響いた。

二年目を迎えた神崎自然農塾での「1000人の種まき大作戦」。まく種は、日本人の食卓に欠かせない食べ物「大豆」。今年の種まき大作戦は、自給へのチャレンジをテーマに、米と大豆の二本立てで自給イベントを展開している。田植えから収穫までの実作業を行う鴨川自然王国での米づくりとならび、神崎での大豆づくりは、種をまいた後、草取り、収穫までの農作業に参加し、収穫後は大豆で味噌仕込みまでをやってしまう通年企画。イベント付きで遊びながら楽しく農体験でき、さらに続けて参加すれば食べ物が育つ実際の行程にも立ち会えるという、レジャーと実益を兼ね備えたオトクで楽しい企画なのだ。

種まき大作戦

みんなでとうもろこし

発酵の町 神崎町

会場は千葉県香取郡神崎町にある「こうざき自然塾」の畑。無農薬栽培での米づくりや大豆から作る味噌づくりをしているこうざき自然塾は、「千葉エコ農産物」の認定も受け、トップダウンではない、地域から始める有機栽培の普及に力を入れている。また、田植えや稲刈りには毎年農体験イベントを開催し、地元の小学生や都市からの体験希望者を受け入れて、地域の壁を取り払った付き合いを楽しんでいる。

実はこの神崎町、有機栽培の米を使った自然酒と、愛情にあふれたオープンな酒造りでファンを虜にしている蔵元「寺田本家」もあり、他にもマクロビオティクの料理教室や、酒粕酵母でパンを焼くお店があったりと、地域の中でじわじわと、安心でおいしい食づくりが広がりつつある場所でもある。寺田本家の寺田聡美さんはそんなすてきな場所を紹介するイラストマップ「発酵の町 神崎」を制作。手作りの暖かさに思わず顔がにんまりしてしまうこの地図は、神崎町の新しい一面を伝えてくれる。イベントで寺田本家を見つけたら、ぜひゲットしておこう。

寺田本家

雨に笑う 種まきの一日

大粒の雨が勢いよく降り続いた2008年の梅雨。梅雨まっただ中のこの日もその例外にはならず、天気予報通り、朝からの雨。会場を天の川公園からJAの倉庫に変更してマーケットを開催。東京や埼玉、神奈川など他地域から、そして地元千葉県から21店舗が出店した。並んだのは有機栽培や自然農で育てられた野菜と果物、天然酵母パン、手作りのお菓子、有機地ビール、草木染めの衣類、手作り雑貨、花の鉢、などなど。中には「梅詰め放題100円!」「大豆の苗プレゼント」など、破格値提供の地元農産物も。そして今年も、餅つきが始まり、トウモロコシとジャガイモが蒸かされ、熱々のみそ汁が振る舞われた。神崎の人たちの暖かいもてなしに、雨の中訪れた人たちも思わずにっこりとほほが緩む。

おじさん

おばさん

とうもろこし

「一流千流 一流万倍」(う.た.た.&天狗楽団)の後には神崎町の太鼓披露が続き、会場は村祭りのような、にぎやかで、そしてあたたかな空気が広がっていった。

そしていよいよ種まきの時。ホラ貝の音につれられて、白く煙る雨の中を畑に向かう面々。色とりどりのレインウェアに包まれ、4反の畑に千葉の在来種「小糸在来」をまく。裸足になった参加者達に大豆が配られ、いよいよ土に足をおろす。

「みなさん、いいですかー。まず人差し指と中指で土に穴を開けてください。そこに大豆を二粒入れて土をかけます。一粒は大地の分、一粒は私たちの分です。では始めますよ〜!」

実行委員会のハッタケンタローさんの説明が終わると、畑にジャンベの音が響き始めた。太鼓のリズムにあわせ、少しずつ少しずつ前進していく種まき人たち。近くの人と笑い合いながら進むその表情は、子どものように屈託がなく、のびのびとしている。そう、土は人を自由にするのだ。

種まき大作戦

並んで種まき

種まき大作戦

種まき大作戦

3人で種まき

そんな土と遊ぶ人たちのそばで、子ども達を虜にしてしまった物がいた。それは小さなアイドル・カエル君。雨の畑はカエル君の遊び場。畝の間をぴょこぴょこ、それを追いかける子ども達も一緒にぴょこぴょこ畑を大移動。必死になって集めているいたずら坊主、ゆっくりゆっくり手を伸ばす女の子。「ほら、見てー」と捕まえたカエル君をのせた手を突き出す表情は、どれも誇らしげ。ついにはカッパをたくし上げた中や長靴にコレクションする子ども達も。その数といったら、大人女性ならつい後ろに下がりそうになってしまうくらいの立派なもの。子ども達の笑顔がますます輝いていたことは言うまでもない。

蛙1
蛙2

そこら中に神様

種まきを終えてマーケットに戻ると、ステージでは第二部が開幕。芸能研による神楽の上演、千葉在住の夫婦デュオ、イルカッパーズのJAZZYな音楽を満喫した後に、Yaeが登場した。彼女が鴨川で過ごした子ども時代の思い出を綴った歌「そこら中に神様」の中に、こんなフレーズがある。

イルカッパーズ
Yae

そこらじゅうに神様はいて 

田んぼの中にも犬小屋にも

寂しくないひとりじゃない

ポケットの中にもほら

(中略)

そこらじゅうに神様はいて

悲しい時も 嬉しい時も

寂しくないひとりじゃない

いつも私を見つめてる

土も雨も太陽も、みんな天からの授かり物。人間の力だけで作れる物は一つもない。そして、私たちは今日も、与えられた恵みの中で息をし、いろんな命とともにこの地球の上で暮らしているのだ。土の感覚は、その記憶を蘇らせる生命のスイッチ。多様な命に囲まれて生きる豊かさを、私たちに思い出させてくれる。そんな私たちの小さな営みを、神様はきっと微笑みながらみてくれているはず。

一流千流、一粒万倍。12月の収穫では万倍に増えた種に出会えることだろ。そしてまた、出掛けよう。生命のスイッチを入れる、命の畑へ。

集合写真

こうざき自然塾 鈴木さん

鈴木さん

神崎町はどことも合併しないで残った小さな町。私たちはこの町にある資源を守り、活用する方法として、有機農業を提案しています。都会にはない田舎の良さをみなさんに味わってもらい、お互いに交流していく機会を作っていきたいので、このようなイベントでたくさんの人が田舎にやってくるのは町としてもうれしい。今回は町の協力もあり、地元の人もたくさん参加してくれました。味噌づくりまで一緒に楽しみましょう。

出店者のみなさん

◎浅野与五右衛門(野菜、加工食品)

◎麦ダンス(地ビール)

◎一反百姓じねん堂(野菜、加工食品)

◎しげファーム(野菜)

◎9ぱんや(天然酵母パン)

◎福ちゃんのパン工房(酒粕酵母パン)

◎自然村〜掌〜(お米、加工食品)

◎帆(染め)

◎ヤッホーブルーイング(地ビール)

◎雑 That`s(地大豆他)

◎うづ芽(再生雑貨)

◎日本不耕起栽培普及協会(大豆の苗他)

◎東峰ベジタブルン(野菜)

◎サイコロ会(サイコロステーキ)

◎こうざき自然塾(もちつき他)

◎Cocoon(ナチュラルスウィーツ)

◎ヘルシーBar(食品販売)

◎アースキッチンたまや(フード)

◎寺田本家(自然酒)

◎NPO法人日本アグリデザイン評議会(キャンペーン告知)

◎WaterGreen(イベント告知)

ご協力ありがとうございました。

このページの一番上へ