音楽で彩る日本最大の環境配慮型農業&農的暮らしのマルシェ

種まきワークショップ

今年も大人気『バンブーピラミッド』が登場します!

大人気『バンブーピラミッド』が登場!

大人気『バンブーピラミッド』が登場!

今年もバンブーピラミッドが芝生広場に登場します!

二名良日氏とともに、竹林から竹の切り出しをして、前日、会場で組み立てるワークショップを開催します。
詳細は後日発表します!

二名良日とつくる「バンブーランド・ワークショップ」開催!

土と平和の祭典に向けて 
二名良日とつくる「バンブーランド・ワークショップ」開催!
参加者募集! 
============================

TV東京「TVチャンピオン」サバイバル選手権チャンピオンの

二名良日氏と共に竹と遊ぶワークショップを開催します。
10月17日、日比谷公園で行われる「土と平和の祭典」の会場に
今年もバンブーピラミッドが登場します!
ここで使う竹を二名氏と竹林から切り出し、荒れた竹林を
「楽しい竹林=バンブーランド」に変えていく手法を学びます。
また、同じく土と平和の祭典会場でバンブーピラミッドの隣に
竹オブジェを制作してくれる三橋玄氏のサポートスタッフも募集して
います。 こちらも竹の切り出しから〜当日の制作までお手伝い
出来る方の参加をお待ちしています。
◎日にち:2010年10月2〜3日および10月9日〜10日、10月16日〜17日 
◎場 所:千葉県香取郡神崎町 トージバ古民家「と〜じ舎」
◎集 合:下総神崎駅朝10:00に成田線の下総神崎駅に着く電車で来てください。
駅まで迎えに行きます。
◎参加費:無料(食事・お酒代は実費)
◎募 集:10名(先着順)

〈プログラム・01〉

10月2日(土)〜3日(日)1泊2日
竹林から竹の切り出し〜竹の遊具・オブジェづくりとサバイバルな食事づくりを二名氏、三橋氏とともに楽しみながら作ります。

〈プログラム・02〉 

10月9日(土)〜10日(日)1泊2日
三橋氏と土と平和の祭典で使う竹オブジェの素材づくと参加者がそれぞれが作品をつくります。 ※この日は二名氏は参加しません。

〈プログラム・03〉

10月16日(土)土と平和の祭典 前日準備
バンブーピラミッドづくり
10月17日(日)土と平和の祭典 本番 
終了後 バンブーピラミッド解体

※〈プログラム・01、02〉の宿泊は寝袋持参の雑魚寝、食事はみんなでつくります。

※10月17日はイベント終了後の撤収のみの作業です。

二名 良日 (FUTANA Yoshihi)プロフィール

1943年、愛媛県生まれ。早稲田大学文学部入学と同時に探検部 に入り、アラスカ・ベーリング海峡冬季徒歩横断調査や中央アジア・シルクロード探検などを 行った。卒業後、日本野外活動センター(Japan Outdoor’s Center)などを主宰し、極寒の地や 灼熱の砂漠でのサバイバル・キャンプ、無人島生活、子供向けの自然教室など多岐にわたる野外活動を企画・指導。テ レビ出演多数。
関連リンク http://www.yougey.com/artist/futana02.html

2008年の作品

2009年の作品

三橋 玄(みつはし げん)プロフィール

空間造形作家。

空間とは、中に人がいる場。

三橋玄は、写真・映像・舞台演出・照明・内装・装飾・造形など多岐に渡る手法を用い、
表現分野の境界を越えて「空間」を作り続けている。
10年になる表現活動を通じて追い求めるのは、生命エネルギーの湧き起こり・流れ・ひろがり・ゆらぎ・移ろいゆく様。

人はどこへ向かおうとしているのか?

次なる次元への飛躍とは何なのか?

そして、たどり着いたのは、竹。

現在、山に入り、竹を切り・割り・曲げ・削り・乾燥させ・組み合わせて、人を包み込む構造体を作っている。
そこには自然ともに生き、自分の手で自然から直接、生産をしていきたいという想いがある。
シンプルにダイレクトに、人がからだ全体で感じられる空間を作り続ける。
制作過程を公開するライブやワークショップ、希望者参加型の制作も積極的に行っている。

すべての表現は肉体を通じて起こるはずだ。

当たり前のところに戻ろう。

今年から千葉で竹林再生のための活動も開始。竹林再生+造形制作、参加者募集中!

http://www.studiogen.net/

参加希望者は以下のフォームを記入の上

メール件名:「バンブーランド・ワークショップ参加希望」としてメールにてトージバ神澤まで申し込みください。

——————————————————————— 

◎お名前: 
◎電話: 
◎メールアドレス: 
◎参加希望プログラム:〈01〉〈02〉〈03〉  
———————————————————————

主催:NPO法人トージバ 

共催:種まき大作戦 
協力:こうざき発酵の里協議会
申し込み・問い合わせ  
NPO法人トージバ事務局 神澤(かんざわ)
kanz01@toziba.net 080-5459-7638 
http://www.toziba.net/

☆一部「2010年度 パタゴニア日本支社 環境助成金プログラム」の支援により運営しています。

10月2〜3日のWSの様子です。

いきなりですが、竹林で3名スズメバチに刺されました!

ひとりは10箇所さされ病院送りという、のっけからいきなりサバイバルモードの幕開けとなりました。

ほぼ1日棒に振りましたが、2日目は朝から訳10名全開で竹切り130本!切るマクリです!

それにしても二名さん、10箇所刺されたとは思えない回復ぶり。。タフな方です。

さて、この切り出した竹を使って二名氏の指導の下バンブーピラミッドをつくります!

前日の作り込みに参加出来るボランティアスタッフを募集中です!
興味のある方は是非!担当:かんざわまでお気軽に

10月11日 トージバ神澤

——————————————

10月17日、当日立派なバンブーピラミッドが建ちました!

詳しくはこちら
http://www.toziba.net/2010/10/20/%E5%9C%9F%E3%81%A8%E5%B9%B3%E5%92%8C%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%85%B82010/

いきものカフェ 生物多様性トーク&ワークショップ開催!

【本部エリアにて】

『いきものカフェ』スタジオ suported by 映画『フード・インク』

※たかさん(冨田貴史さん)の出演は、都合によりなくなりました。

楽しみにしていた方々、すみません。

今年、『土と平和の祭典』ではメインゲートである日比谷門から、

会場に入って正面すぐのテントに『いきものカフェ』スタジオを用意します。

COP10の会期にたまたま日程が合った

今年の『土と平和の祭典』の開催。

それは単なる偶然ではないと考えました。

僕たちにとって一番身近な『食』『農』の観点から

『いきもの、いのちの多様性』について社会に向けたメッセージを送ること。

これが今年の『土と平和の祭典』の役割だと考えました

まず皆さんには、この冬公開するアメリカの食糧市場の実態に追った

ドキュメンタリー映画『Food, Inc.』の20分のダイジェスト版を観ていただきます。
それはきっと衝撃的な映像だと思います。

その後、ゲストを招いて、その映画を受けて、

「食べる」というささやかな行為について、
「いきもの」「いのち」「くらし」「しゃかい」など
多様なつながりの観点から、トークを展開します!

そして、『土と平和の祭典』において提案する

「土のある暮らし、農的生活」の豊かさ、
いのちをいただくことについての態度、
「食べる」ということの喜びについて
まさに文字通り、噛みしめていただくための学びの場として、

さらに祭典が掲げる「大地を感謝する収穫祭」や「はじめる自給!」の、

本当の意味・メッセージを知っていただくイントロダクションとして、

ぜひイベントを楽しむ前に、一番先に『いきものカフェ』にお立ち寄り下さい。

<1回目> 10:30-11:20  

※トークは11:00頃より
【ゲスト】
◎吉度日央里さん(編集者)
◎水谷孝治さん(MERRY PROJECT)
【テーマ】
「種まき大作戦」から考えるいきもの、いのちの多様性について

<2回目> 12:00-12:50

※トークは12:30頃より
【ゲスト】
◎中村訓さん(光郷城 畑懐/浜名農園)
【テーマ】
「種」「土」「植物」から考えるいきもの、いのちの多様性について
<3回目> 14:00-14:50
※トークは14:30頃より
【ゲスト】
◎林良樹さん(鴨川自然王国 理事/アーティスト)
◎さわのゆうこさん(虹色草木染・kitta)
【テーマ】
里山の暮らしから考えるいきもの、いのちの多様性について

<4回目> 15:00-15:50

※トークは15:30頃より
【ゲスト】
◎澤田圭子(フリーライター)
【テーマ】
◎脱石油社会から考えるいきもの、いのちの多様性について
※各回時間割は以下の通りです。
■イントロダクション(10分)
■ダイジェスト版上映(20分)
■ゲストトーク(20分)   計50分

映画『フード・インク』

冬、シアター・イメージフォーラム他
全国順次ロードショー

(c) Participant Media

このページの一番上へ
種まき大作戦
[ 協 賛 ]
  • 全国有機農業推進協議会
  • 大地を守る会
  • らでぃっしゅぼーや
  • パルシステム
  • グリーンコープ連合