x
出演者

加藤 登紀子

加藤 登紀子
(種まき大作戦 世話人代表・歌手)



今こそ土に生きる幸せを宝にしましょう。
2011年をアース元年として、ひとつひとつ丁寧に命の原点を支えていける生き方を...。
ホワイトカラーでもなくブルーカラーでもなく、アースカラーのライフスタイルに一歩踏み込みましょう。
「11」という数字を漢字で書くと「土」。これもまた何かの因縁でしょうか?
大事な時代の転換点、今年は格別の思いで10月16日、日比谷公園で逢いましょう。


【プロフィール】:
1943年ハルビン生まれ。1965年東京大学在学中、第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。1966年「赤い風船」でレコー ド大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」でレコード大賞歌唱賞を受賞。以後、60枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に 送り出してきた。 
2005年には歌手生活40周年を迎え、新しい世代のアーティストとのコラボレーションにも意欲的に挑戦 し、2006年と今年2011年、FUJI ROCK FESTIVAL、2007年にはap bank fes'07に出演。世代やジャンルを超えた活動で注目を浴びた。また、地球環境問題にも積極的に取り組み、1997年、WWFジャパン(世界自然保護基金日本委員会)評議員に就任したのに続き、2000年10月には UNEP(国連環境計画)親善大使に任命された。アジアやオセアニア各地を精力的に訪れ、自らの目で見た自然環境の現状を広く伝えるほか、音楽を通じた交 流を重ねている。国内では、千葉県鴨川市の「鴨川自然王国」を拠点として、若い世代とともに循環型社会の実現に向けて活動を続けている。

www.tokiko.com



Copyright © tanemaki-daisakusen. All Rights Reserved.